WORKS

2022.7.19

甲府市

デッドスペースを有効活用するプチリフォーム

  • リフォーム概要
  • 家楽ストーリー
デッドスペースを有効活用するプチリフォーム
デッドスペースを有効活用するプチリフォーム
デッドスペースを有効活用するプチリフォーム
デッドスペースを有効活用するプチリフォーム
デッドスペースを有効活用するプチリフォーム
デッドスペースを有効活用するプチリフォーム
デッドスペースを有効活用するプチリフォーム
デッドスペースを有効活用するプチリフォーム
デッドスペースを有効活用するプチリフォーム
デッドスペースを有効活用するプチリフォーム
デッドスペースを有効活用するプチリフォーム
デッドスペースを有効活用するプチリフォーム
デッドスペースを有効活用するプチリフォーム
デッドスペースを有効活用するプチリフォーム
デッドスペースを有効活用するプチリフォーム
デッドスペースを有効活用するプチリフォーム

CONCEPT コンセプト

デッドスペースを有効活用したユーティリティスペース

築年数 築31年
構 造 軽量鉄骨造
部 位 キッチン
延床面積 169㎡
キーワード
  • キュピオス

STORY
大規模なリフォームはできないが、
生活スタイルの変化に合わせた住居にしたい。

大規模なリフォームはできないが、<br class=生活スタイルの変化に合わせた住居にしたい。">

CASE大規模なリフォームはできないが、
生活スタイルの変化に合わせた住居にしたい。

PROPOSAL
住まいのお悩みをヒアリング
局所的に改修できるプチリフォームをご提案。

当社とは数十年来のお付き合いをさせていただいているN様。
定期的にご自宅を訪問させていただいているなかで、原状回復工事などのメンテナンスをご依頼いただいていました。
そのなかで“キッチンの活用できていない空間が気になっている”というお施主様の言葉がきっかけで、
生活スタイルの変化に合わせた住居のアップデートをご提案。
「キュビオス」を取り入れ、キッチンの活用できない空間を最大限有効活用できるように、プチリフォームをご提案いたしました。

キュビオスと収納用品を組み合わせることにより、見た目や機能性を大幅に改善、綺麗で使いやすくしました。
リフォーム前には、壁にコルクボードを取り付けてディスプレイされていましたが、今回の改修で穴を開けずにディスプレイできるように設えました。
ただ既存製品を配置するだけではなく、配線や照明の位置を変更して雰囲気を調整するなど、細部にもこだわり、デザイン性と機能性を両立させています。
また、事前に施工後のイメージをCGで共有し、立体的な情報で打ち合わせを行うことによって、
お客様とイメージの共有、ご満足いただける仕上がりとなりました。

RESULT細部にもこだわり、デザイン性と
機能性を両立

DATA リフォーム概要

オーナーさま 甲府市 T様邸
築年数 築31年
構 造 軽量鉄骨造
部 位 キッチン
ケース
契約から完成まで 3日

INFORMATION リフォーム内容

オーナーさま 甲府市 T様邸
所在地 甲府市
相談住宅
住んでからの期間
契約から完成まで 3日

KEYWORD キーワード

  • キュピオス

CONTACT お問い合わせ

リフォームのご相談、お見積もりに関することなど、お気軽にお問合せください。